菅原別館(投稿者:ミーシャ)
  • <アクセス方法>
    盛岡駅から車で約2.9km、9分程度。
  • そこに決めた理由
    座敷童子に会いたくなって。
  • おススメのポイント
    民宿ではありますが意外にも普通のお家を開放しているような印象を受けました。部屋数はあまりなく、常に予約でいっぱいな状態のようで私が予約した時はたまたま空いていたらしいです。女将さんが二人いて若女将と大女将さんで家族で経営されています。二人ともとても笑顔が素敵で柔らかな印象を受けました。お風呂に子ども用シャンプーが置いてあったり、アットホームで気さくに話しかけてくれて楽しいひと時を過ごしました。秋も過ぎそうな時期でしたが夜中突然体が熱くなるという体験をしましたが、特に座敷童子は見ませんでした。ただ、翌日主人の就職先が決まったのはびっくりしましたが。ご飯もおいしく満足でした。
龍泉洞(投稿者:オレンジ)
  • <アクセス方法>
    盛岡駅から車で約84.6km、2時間17分程度。
  • 写真提供:岩手県観光協会
  • そこに決めた理由
    修学旅行で訪れて良かったので、もう一度行きたいと思った。
  • おススメのポイント
    私が訪れて良かった場所は、岩手県にある「龍泉洞」です。龍泉洞は鍾乳洞で、日本三大鍾乳洞のひとつです。中学校の修学旅行で訪れ、とても美しく印象に残ったので大人になってからまた行きたいと思いもう一度行きました。青く澄んだ泉が何ヵ所かあり、特に深い第3地底湖(水深98メートル)に1円玉を落とすと、透明度が高いのできらきらと揺らめきながら底の方に沈んでいくのをずっと見ていることができます。中は岩場で崖のようになっており、人ひとり通るのがやっとの場所や急な段差があったり、出口付近にはコウモリがいたりして、ちょっとした探検気分を味わえます。外の空気も大変澄んでいてマイナスイオンを感じ、気分がリフレッシュされること間違いなしです。
岩手県宮古市三陸海岸の月(投稿者:siratama)
  • <アクセス方法>
    盛岡駅から車で約109.7km、3時間4分程度、宮古駅から約15.4km、30分程度。
  • そこに決めた理由
    綺麗な海を見たかったので。
  • おススメのポイント
    もう30年以上も前のことなので、細かな記憶は定かではありません。友人と二人で、毎年アルバイトで費用を貯めて旅行に行くのが恒例でした。私が希望を出して友人が旅行の行程を決めます。その年、綺麗な海が見たいというと、岩手県の宮古を選んでくれ、浄土ヶ浜という綺麗な浜辺を見に行くことに致しました。当時、宮古市の田老に国民宿舎があったと思います。一泊目の夜、宿舎で夕食を済ませた私たちは、近所を散歩することに致しました。近所には灯りも少なく虫の声が聞こえます。そして、海の上には低い位置に白くて大きな月があり、暗い海に光の帯を作っています。たぶん、海から上ったばかりなのだなと思いました。初めて見る光景に圧倒されてしばらくの見とれていたと思います。私にとって、一生忘れられない光景になりました。
花巻市内(投稿者:ヌレテニアワ)
  • <アクセス方法>
    盛岡駅から車で約37.7km、47分程度。
  • そこに決めた理由
    宮沢賢治関係の本を読んで、アクセスもよかった。
  • おススメのポイント
    好きな作家の故郷を一人旅しました。観光スポットやアクセス方法などを自分で調べました。一人旅では地図で大体の場所を確認して、町の人に道を聞きながら徒歩で町の風景を見ながら移動するのが好きです。その時も地図に載っている大きな通りを歩いて行きました。行きは結構時間がかかりました。せっかくだから帰りは違うルートを使おうと別の通りに入りました。すると短時間で帰りつきました。城下町だからいろいろ道が複雑に入り組んでいるのかと思いました。普段はほとんど碁盤の目に区画された町に住んでいるのでとても新鮮で楽しかったです。
東屋(投稿者:花子さま)
  • <アクセス方法>
    盛岡駅からバスで約2.5㎞、所要時間約10分。
  • そこに決めた理由
    わんこそばを食べたくなった。
  • おススメのポイント
    テレビで東屋を見て行きたくなり、ネット検索で調べていきました。方向音痴なせいか少し迷いましたが無事に着いきました。私は特に予約を入れず一人で行った為他のお客さんと相席になりました。相席といっても畳の部屋で長いテーブルにそれぞれが順番に座るのでよほど大人数でもなければ皆さん相席のようなものだったと感じると思います。東屋さんは入ったときから元気が良い店員さんが数人いて、テレビで見た通りにはい、じゃんじゃんと言いながらお椀に蕎麦を入れてくれました。予想に反して自分のペースで食べられて良かったです。子供がいればじゃんじゃんのかけ声も他県の人間には独特の声に聞こえるので楽しんで食べられると思いました。もちろん一人でも十分楽しめました。
とおの昔話村(投稿者:ミゼラブルさま)
  • <アクセス方法>
    盛岡駅からバスで約82㎞、所要時間約1時間30分。遠野駅から徒歩すぐ。
  • そこに決めた理由
    子供に昔話を聞かせたかった。
  • おススメのポイント
    岩手県遠野にある昔話村。観光情報サイトで知ったのですが、私も子供も興味を持ったので家族旅行としておじゃましました。決まった時間に語り部さんが昔話を聞かせてくれるというところ。時間にすると約1時間位、民話を聞かせてくれます。昔ながらの風情あふれる家屋の中で語る語り部さんの雰囲気もいい意味で田舎雰囲気があり、話を聞いた後にはやさしいきもちになれます。社会勉強という意味も込めて家族旅行をしましたが、ちょっと子供には話の内容が難しいかもしれません。むしろ大人が夢中になれる場所です。しかし、静寂な日本家屋が建ち並ぶ昔話村の中の雰囲気は子供たちも興味津津で、遠野の郷土料理やどぶろくなどを堪能し大満足の旅行となりました。
中尊寺、夢館(投稿者:ヌレテニアワさま)
  • <アクセス方法>
    盛岡駅からバスで約85㎞、所要時間約1時間15分。
  • そこに決めた理由
    また行ってみたかったので。
  • おススメのポイント
    中尊寺には何度が行きましたが、月見坂の杉の巨木の間を歩くのが大好きです。杉の存在感と神聖な感じがたまりません。主な訪問目的はこの杉並木なのですが、金色堂も美しいです。公開された事があるのか分かりませんが、藤原四代のミイラ化したご遺体は見た事ありません。中尊寺の近くにある藤原四代の歴史における様々なシーンを精巧な蝋人形で再現したテーマパークです。音響や照明、小道具にいたるまで細かに再現されたシーンは圧巻です。幻想的なホログラムゾーンやイメージゾーンなど見度多恵のある施設です。中尊寺に行くならここも見学する事をお勧めします。
材木町よ市(投稿者:ハミルカルさま)
  • <アクセス方法>
    盛岡駅からバスで約10㎞、所要時間約5分。
  • そこに決めた理由
    ドライブついで。
  • おススメのポイント
    材木町で開かれる「よ市」。土曜日の夜で、案外皆さん楽しんでいるようで最高でした。最も良かったのは、よ市の端にあるパン屋さんと、中央部にあるビール屋さん等は最高でした。特に、このビール販売店は、盛岡の痔ビールを販売しており、その点は非常に評価できる部分だと思います。また、土曜日の夕方から夜にかけてということで、通常の朝市の様なあわただしさは無く、その点、買い物客の滞在時間も長く面白い点ではないでしょうか。たまに、岩大の学生さんなんかが、ジャグリングや手品、パフォーマンス等のイベントをやっていたりして、その点も目が離せないポイントです。
遠野(投稿者:マルクルさま)
  • <アクセス方法>
    盛岡駅からバスで約82㎞、所要時間約1時間30分。遠野駅から徒歩すぐ。
  • そこに決めた理由
    遠野物語に興味を感じて。
  • おススメのポイント
    遠野は、目玉となる観光施設や温泉があるわけではありません。しかし、首都圏にはない自然や山岳といった田舎の風景があります。私は過去に五度ほど遠野を訪れていますが、何かを目的に訪ねた事はありません。自転車でサイクリングを楽しんだり、自分が読んだ事のある遠野物語に出てくる地名を訪ねたり、伝統的な農家の家屋を散策したり等の遠野の素朴な環境を楽しむことを行っています。遠野は観光のために行く場所ではありません。どこにでもある田舎の風景を楽しむこために行く場所です。また春夏秋冬の四季の田舎の景色や田舎の夏祭りを楽しむことも遠野の一つの目玉です。
龍泉洞(投稿者:小林鮎実さま)
  • <アクセス方法>
    盛岡駅から車で約84.6km、2時間17分程度。
  • そこに決めた理由
    二人で行きたかった。
  • おススメのポイント
    龍泉洞は、宮城県の小さな洞窟でした。周りも狭くてこじんまりした場所でした。東北自動車道を利用して、車で行ったのですが、1回目は到着したのが午後6時で、観覧時間外でした。2回目に訪れた時は、昼間の午後くらいで、中に入場して、見学が出来ました。テレビでしか見たことのなかった、神秘的な鍾乳洞や、地底産物、地底湖の水の色は、絵の具よりも鮮やかな濃い青色でした。所所の説明文を読んで、千年以上の時の重みを強く感じました。1回目の時、敷地の中に宿泊施設があったのですが、仕事の都合で帰宅する事に。期待が大きかっただけに、残念さが残りました。その想いが忘れられなくて、もう一度しっかりゆっくり見学しようと思い、二人ででかけました。
見積・手配はこちら
ページTOP