会津磐梯山(投稿者:マロンちゃん)
  • <アクセス方法>
    JR会津若松駅からバスで約31㎞、所要時間約1時間。
  • そこに決めた理由
    山が好きなので。
  • おススメのポイント
    会津へ行った時に感動したのが猪苗代湖の湖です。すべての湖の色が違うのでとても不思議でした。会津へ行ったとき、磐梯山に上って頂上へついた時のそこからの景色は最高でした。その時、初めて登る山でもありましたので、大変印象に残っています。福島には大変自然の多いところなので、心を和ませるために適している場所だと思います。自然を堪能しながらの食事も格別においしかったですね。緑に囲まれるとパワーをもらえる気がしますので、福島へ行かれた時には、磐梯山へ登って欲しいですね。福島名物のものもたくさんありますので、帰りにはお土産を購入することがいいですね。
土湯温泉辰巳屋山荘里の湯(投稿者:おだた)
  • <アクセス方法>
    JR郡山駅からバスで約41㎞、所要時間1時間10分。
  • そこに決めた理由
    雑誌の記事を見て記念日にと主人が予約してくれた。
  • おススメのポイント
    宿泊客ごとに時間を決めて、完全貸切の状態で利用できるので、大浴場、小浴場、露天風呂全て自分たちだけで自由に利用することができました。特に露天風呂が素敵でした。小さな石造りの露天風呂から夜空を見上げると、自分たちを囲むように立派な竹林がまっすぐと上に伸び、その間にぽかりと空いた空には満点の星が見えて最高でした。食事も部屋食で、夕食に食べた福島牛の味が忘れられません。朝食の湯豆腐も、専用の湯豆腐を作る装置で出来立てが食べられてとてもおいしかったです。主人がプロポーズのために内緒で予約してくれたのですが、お部屋も温泉もプライベートな時間を存分に楽しめるので、カップルやご夫婦にとても思い出に残る温泉宿だと思います。
鶴ヶ城(投稿者:origami-susi)
  • <アクセス方法>
    JR郡山駅からバスで約65㎞、所要時間1時間10分。
  • そこに決めた理由
    城を中心として、周囲にはレトロな街並みなど街歩きのスポットが多いから。
  • おススメのポイント
    行ったのは地震がある前です。その前には子供の頃行ったことがありましたが、周囲の街並みは随分整備された様だと感じました。鶴ヶ城を中心に、付近の街は江戸の街並みを意識した雰囲気です。ご当地ならではの絵付きの美しい蝋燭を扱う店や、レトロな小物を扱う店、落ち着いた雰囲気を楽しめる喫茶店などの散策をも楽しみました。城には、様々な博物館さながらの展示品が数多くあり見ごたえがありました。城の中にある土産の販売では質の良い漆塗りの小物などを買い求めることもできます。近くには白虎隊で有名なエピソードのある飯盛山や、猪苗代湖、野口英世記念館などもあります。電車やバスよりは車で回ることで効率よく多くのスポットを回ることができるようです。
あぶくま洞(投稿者:bellsummer)
  • <アクセス方法>
    JR郡山駅からバスで約36㎞、所要時間約1時間10分。
  • そこに決めた理由
    鍾乳洞を見たことがなく、いい経験だと思ったから。
  • おススメのポイント
    東北支援の思いを込めて福島県いわき市に旅行に行った際、あぶくま洞まで足をのばしました。鍾乳洞というものを見たことがなかったのでわくわくしていましたが、その期待を裏切ることなく幻想的な空間でした。コースは天井が低いところなどもあり、探検気分も味わえます。また鮮やかにライトアップされた鍾乳洞を楽しむことができました。水の滴る音も聞こえ、自然と時の流れが生み出した空間に感動させられます。鍾乳洞には様々な種類があり、コースの道中ではそれぞれの説明書きがあります。「クリスマスツリー」や「きのこ」などがあり、本当にそっくりで驚きました。いい経験ができました。
磐梯熱海温泉(投稿者:rumi0214)
  • <アクセス方法>
    JR郡山駅からバスで約20㎞、所要時間約30分。
  • そこに決めた理由
    ぬる湯で有名な日帰り温泉で、肌にいいという効能だから。私がアトピーなので夫が行程に入れてくれた。
  • おススメのポイント
    車で近くまで行けるので気軽に立ち寄ることができました。この旅行では、東北地方の温泉をあまり計画も立てないでたくさん回ったのですが、その最初の立ち寄り温泉でした。肌にいいぬる湯温泉、アトピーの湯と呼ばれていて、刺激の全くないお湯でした。温泉独特の臭いもなく、観光客と地元の方々が一緒に温泉を楽しんでいるアットホームな雰囲気でした。こじんまりしたお風呂ですが、男女の浴場は別々なので女性の方も安心です。ぬる湯ということでしたが冷たいわけではなく、のぼせることなくいつまでも入っていられる湯加減です。あがった後は、手あれや体の乾燥しがちな部分がいつもの湯上りよりしっとりしていました。福島県に旅行するならまた立ち寄りたいお風呂です。
輪箱飯 田季野(投稿者:ふくにゃん)
  • <アクセス方法>
    JR郡山駅からバスで約63㎞、所要時間約1時間。
  • そこに決めた理由
    夫が地元なので。
  • おススメのポイント
    会津の郷土料理を食べるなら田季野へ。杉やヒノキの薄い板を曲げて作られる「曲げわっぱ」を使った「輪箱飯」が名物。お店は鎌倉時代から続く旧家を移築したもので、店構えに趣があっていい感じです。シャケやぜんまい、カニ、きのこ、いくらなどいろいろな種類があって、熱々が食べられます。夫の実家は宮城に近い方にあるのですが、会津若松まで遊びに行ったときは必ずここに寄ります。この間いったときは、玄関口のところに占い師の人が間借りしていたなぁ・・・なんでだろう。武家屋敷や鶴ヶ城など観光スポットも近くにあるので、ぜひ立ち寄ってみてください。1室43名までの宴会もできるので、団体やグループでも予約すれば大丈夫ですよ。
エビスサーキット(二本松)(投稿者:さくらのはな)
  • <アクセス方法>
    福島駅からバスで約26㎞、所要時間約45分。
  • そこに決めた理由
    レースの観戦の為。
  • おススメのポイント
    震災の年の夏に行きました。行くまでの高速道路では整備不良の箇所もあり震災の凄さが感じられました。無事に着くのか不安でしたが何とか宿に到着しました。その宿の予約の際にも他の宿がなかなか営業している所がなくやっと見つけました。宿では震災で被災された方にもてなしていただきました。私は宿野方が大変な時に何をしているんだろう?と思いお膳を運んで下さった仲居さんを見て泣いてしまいました。本当に申し訳気持ちでした。ですが知り合いの方にお金を使う事で少しでも役に立てたのではないかと言われました。震災から二年今年も機会があったら福島に行くつもりです。
大内宿(投稿者:ふくにゃん)
  • <アクセス方法>
    JR会津若松駅からバスで約31㎞、所要時間約1時間
  • そこに決めた理由
    娘の夏休みの宿題でレポートを書くため
  • おススメのポイント
    大内宿は国指定重要伝統的建造物群保存地区になっています。江戸時代の宿場町の雰囲気が現在にも残っており、参勤交代のおり、大名行列もこの街道を通ったそうです。たまたま、娘の夏休みの宿題でレポートを書くため、会津へ足を運んだついでに湯野上温泉に泊り、大内宿にも立ち寄ってみました。それぞれの建物はよく保存され、お土産屋さんやレストラン、カフェとして営業していました。真夏の暑い日差しが照りつけていましたが、日陰になっている縁側はとても涼しく、のんびりとした気分に浸れます。ここでのおススメはねぎそばで、ねぎをお箸代わりにしてそばをすすります。ねぎは薬味としてかじりながら食べる感じです。街道を流れる水路ではサイダーやきゅうり、トマトなどが冷やされていて懐かしい田舎の雰囲気。東京ディズニーランドよりもおもしろくて、グルメなテーマパークなのでは?
塔のへつり(投稿者:ふくにゃん)
  • <アクセス方法>
    JR会津若松駅からバスで約31㎞、所要時間約1時間
  • そこに決めた理由
    南会津を代表する景勝地と聞いて
  • おススメのポイント
    塔のへつりとは、長い間、侵食と風化の作用によって形成された柱状の断崖で国の天然記念物に指定されています。へつりは山冠に弗と書きます。山の仏様といった意味でしょうか。お土産屋さんなどが立ち並ぶところから、かなりぐらぐらする橋を渡り、断崖絶壁のある方へ移動できます。洞窟の奥には大同2年(807)に坂上田村麻呂が創建したと伝えられる虚空像菩薩が祀られていました。新緑の季節はもちろん、紅葉の時期も大変美しく、神秘的な場所のひとつです。ここから湯野上温泉までは車で5~6分程度。小さな山間の温泉地でのんびりとした雰囲気。大内宿にも近いのでここを拠点に南会津の魅力に触れてみてもいいですね。民宿に泊まって朝ごはんをキャンセルし、大内宿で食べるのもおススメです。大型連休や夏休みなどは駐車場はもとより、周辺の路も大渋滞するので、早め早めに行動するといいと思います。
見積・手配はこちら
ページTOP