サクサク無料一括見積り!

愛媛県観光情報

愛媛県には、自然と歴史に恵まれた風土を生かした、“日本一”がいくつもあります。まずは、古事記にもうたわれた日本最古の温泉、道後温泉。また、東部の今治市から本州の広島県を結ぶ、「しまなみ海道」にかかる多々羅大橋は、日本最長の斜張橋として空と海に大きく優雅なラインを描きます。南西部の佐田岬は、日本一細長い半島。宇和海をのぞみ、潮騒を聞きながらのバス旅行は気分爽快。釣りのメッカとしても有名です。
山に向かえば、雄大な自然が広がる四国カルスト。肱川(ひじかわ)流域には、昔ながらの農村の街並みが残り、古きよき日本の姿を今に伝えています。

道後・砥部・内子エリア

道後温泉は松山の中心地からすぐ。国内外、数多くの団体客で今も昔もにぎわう湯の町です。「道後温泉本館」は、重要文化財の指定を受け、アニメ映画のモデルにもなった木造3層楼の建物。朝6時から入浴できますが、灯りのともる夕暮れどきは風情たっぷりです。レトロな雰囲気の温泉街で、名物坊っちゃん団子をほおばったり、「子規記念博物館」で俳句の粋にふれたり。毎月第4日曜に開かれる「道後湯あがり朝市」には、地元の名産品が所狭しと並びます。

松山市内から南に約30分。バス車窓からぽつりぽつりと窯元らしき建物が見えてきたら、焼き物の里、砥部(とべ)に到着。砥部焼のよさは、日常で使える日本の伝統工芸品であるということ。丈夫で手頃な値段ながら、大量生産品にはない味わいのある器はプロの料理人にも人気です。直売所も多数あり、毎年2回の「窯出し市」には、全国から焼き物ファンが訪れます。
砥部からさらに南西の方向、内子町はゆったり散策を楽しめる町です。昔ながらの商家が立ち並ぶ中には、伝統的な和ろうそくや和傘の店、大正時代に創建された劇場などが残っており、見どころたっぷり。

しまなみ海道エリア

瀬戸内海の美しさをスケールたっぷりに味わいたいなら、「しまなみ海道」を渡ってみては。四国と本州を結ぶ約60kmのルートには、島々を結ぶ9本の橋がかかっています。海と空の青、島々の深い緑をぬう、大きく端正な橋。展望スポットからは、内海を行きかう船や、潮が巻く様子、遠く石鎚山に沈む夕日を眺めることができます。島ごとに特産品を買い回るのも楽しみ。大三島には、天然温泉や近代的な温浴施設があります。団体バスの長旅で頑張った体をリラックスさせましょう。

愛媛県のココがおススメ!

道後温泉(投稿者:むらのさん)
  • <アクセス方法>
    松山駅からバスで約5㎞、所要時間は15分。
  • そこに決めた理由
    お盆休みの長期連休だったため。
  • おススメのポイント
    お盆休みの長期連休の時に嫁と愛媛県にある道後温泉に温泉旅行に行きました。愛媛県は母親の実家なので車で里帰りをすることは何回もあったのですが、旅行などで行ったことはありませんでした。自分が住んでいる県から車で6時間~8時間ほど高速道路を走るのですが、それもドライブで楽しいです。また、本州から四国をつなぐ瀬戸大橋を渡って行くのですが、この橋から見る景色は最高です。温泉旅行までの目的までの楽しみの1つでもあります。道後温泉は温泉街もあり、けっこう大きいので観光する分には楽しいです。温泉旅行が好きな人には最適な場所だと思います。
おススメ情報をもっと見る

愛媛県おみやげ情報

バリィさんの焼きショコラ

チョコレートクッキーと書いてありますが、食べた感じは・・・?よくわからん。クッキーなのか、チョコレートなのか。そしてがつんっとミカン味。バリィさんがともかくかわいい。

  • 甘さメーター:★★
  • 購入場所:スタッフの帰省みやげ
バリィさんの焼きショコラ

母恵夢 ポエム

白あんに新鮮な卵黄を加えた餡をフレッシュバターを使ったやわらかな生地で包みこんだお菓子。夫(福島出身)の会社の同僚から「福島のままどぉるよりおいしい」と挑戦状をたたきつけられました。白あんとバターのコラボが新鮮。軍配は……。あなたの舌で!! ぜひ、確認ください。

  • 甘さメーター:★★
  • 購入場所:松山空港の売店。愛媛県内に、ポエムの直営店もあるとのこと。

坊っちゃんだんご 5箱セット

緑、黄、茶はそれぞれ、抹茶、卵、小豆の餡。小ぶりのサイズが愛らしい、夏目漱石の小説『坊っちゃん』ゆかりの銘菓です。

タルト(2本1箱入り)

愛媛県で「タルト」といえばこれ。カステラ生地でゆず餡を「の」の字に巻いた菓子を指します。江戸時代から受け継がれた純和風の味わいです。

アマゴの甘露煮

美味しい甘露煮投稿者:シド

愛媛県大洲市河辺町という四国の山深いところにある民宿のお土産の『アマゴの甘露煮』がとても美味しかったです。アマゴは川魚ですが、お店のすぐ横を流れるまさに渓流といった川の水で養殖されたアマゴをお店で完全手作りで作られているらしいです。甘すぎず、アマゴのうまみも残っており、ついつい御飯が、お酒が進む掘り出し物のお土産です。アマゴはしっかり煮てあり、形はしっかりしているのに頭から骨まで軟らかく、お年寄りも美味しく食べられます。ちなみに家ではこの甘い味付けが好みなのか、子どもが気に入って、いつも私の分まで食べてしまいます。

購入した場所:大洲市河辺町の『あまごの里』

あなたのおススメ 大募集!

- 全国のおススメ観光スポット -
いってみたらオモシロかった、何度も行きたい! というスポットを教えてください。

- 全国のおみやげ自慢 -
われこそはオミヤゲニストという方、投稿をお待ちしてます。逸品、珍品、大歓迎!

クチコミ投稿はこちら
貸切り観光バスを簡単入力で無料一括見積り!
お電話での見積・手配は03-5728-8417へ
見積り・手配はこちら
見積・手配はこちら
ページTOP