観光バスの貸切料金はどのくらい?どんなバスが借りられる?バスガイドは付けられるの?
・・・などなど、気になる情報をもれなくご紹介!
自分たちに合いそうなバスのタイプを見つけたら、早速見積りをしてみましょう!

平均的な貸切り観光バスの料金・仕様

貸切観光バスは、エリア・期間・シーズン・距離など、様々な要素によって料金が変わりますが、下記はおおよその平均を表にしたものです。
貸切バスの料金は法令により基準が決められていますので、上限下限は決まっています(詳しくは社団法人日本バス協会の「貸切バスのご利用について」を御覧ください)ので、それに外れるような料金で走らせるようなことはありません。
実際には、見積りを取ってみたらこの表の金額よりも安いことも多く見受けられますので、スケジュールや行きたい場所、メンバーなどの基本的な条件が決まってきたら、まずは見積りを取りましょう!

バスのタイプ 人数 仕様 料金目安
大型バス 28~45名 ボディトランクが広めなので、
荷物がたくさん入ります。
65,000~130,000円
サロンバス バスの種類による バスの種類による バスの種類により、
+およそ5,000円
中型バス 20~27名 小型よりもトランクルームが
広く、シートはゆったりめ。
60,000~100,000円
小型バス 18~25名 座席数は中型とあまり変わり
ませんが、シート間が若干狭めです。
50,000~80,000円
マイクロバス 18~20名 荷物が少ない場合は
リーズナブルでオススメ。
40,000~80,000円

※小型バスは各メーカーが製造を中止しており、所有しているバス会社が少ないため、手配が難しくなっています。

※料金は、通常時の平日1日(9時から17時)貸切り、移動距離は200km以内を条件に算出したものです。

※上記はあくまで目安です。詳細はバス会社で異なりますので、ご確認下さい。

上記貸切り観光バスの料金に含まれるもの、含まれないものは?

上記に含まれているもの
  • ●ドライバー(乗務員)料
  • ●ガソリン代
  • ●保険(車両事故やバス車内での事故を対象とした自賠責保険)
  • ●観光バスのレンタル料金
上記に含まれていないもの
  • ●バスガイド料(申し込んだ場合)
  • ●高速・有料道路代
  • ●宿泊の場合はドライバー・バスガイド(申し込んだ場合)の宿泊代
  • ●駐車料金
  • ●行った先の入園料・入館料
  • ●フェリー代(乗船した場合)

バスの料金はどうやって決まる?

■キャンセル料について
一度契約を交わした貸切観光バスのキャンセル料は、運行開始日の2週間前から発生することが多いようです。
会社によって違いますので、必ず、予約したバス会社に確認を取りましょう。

【キャンセル料金の目安】2週間〜8日前:30% 1週間〜2日前:50% 1日前:80% 当日:100%

借りられないバス、借りにくいバス

借りられないバス
・2階建てバス(ダブルデッカー)
・2階建てのオープンバス(スカイバス)
・高速バス
・路線バス
借りにくいバス
・トイレ付きバス
・3列シートバス
・貫通式トランク(沢山荷物が入る)の小型バス
・リフト付きのバス

バス会社の選び方

貸切バスの会社は、普段あまり耳にしない会社が多いので、不安になる方がいらっしゃるようです。
しかし、国土交通省の運輸安全マネジメントにより、バス会社は安全な旅行ができるよう務める義務があります(国土交通省「輸送の安全を確保するための貸切バス選定・利用ガイドライン」の策定)。
具体的な方針や姿勢についてはバス会社により様々ですが、お客様の安心と安全を守るべく、会社の有名無名関係なく、前向きに取り組んでいますので、下記のポイントを参考にされながら、相性の良いバス会社を見つけてみてください。

自分に合うバス会社を見極めるチェックポイント

  • 予算の中で要望に応えてくれるよう、丁寧に打ち合わせをしてくれる
  • 見積りの金額が適正である
  • 金額に含まれる項目が明示されている(後からプラスされる可能性があるものが何かを教えてくれる)
  • 希望に合うバスの種類がある
  • メールや電話への対応が素早く、親切である

ここに注意しましょう!

区域外での配車はできません
出発地または到着地のいずれかに営業区域があるバス会社を選びましょう。
バスの待機場所・駐車場の確保は忘れずに
路上駐車は法律により禁止されていますので、駐車場は確保しましょう。有料の場合は、お客様負担になります。
またお店の駐車場も、事前にお店に一言伝えておくとスムーズです。
1名のドライバーが運転してよい時間・距離は法律で定められています
(1日9時間・500㎞まで、ただし夜間は400㎞まで)
制限を超える場合は2名ドライバーを確保する必要があります。料金も変わりますので、長距離を移動する場合は、事前の見積りで相談しましょう。

サロンバスが人気

バスの中でも賑やかに宴会したい方にはおすすめ

サロンバスとは、後部座席をコの字に変形させ、テーブルを囲むような形になるタイプのバスのこと。

テレビの撮影でもたまに見かけるので、なんとなくイメージできるかと思いますが、対面して会話ができるので、仲間内で和気あいあいと過ごすにはとても適しています。

気さくに打ち解けた旅をしたい方は、一度乗ってみてはいかがでしょう?

貸切観光バスに、バスガイドを付けることも可能です

貸切バスにもバスガイド

「やっぱり現地の情報を詳しく案内してくれるガイドさんがいてほしい!」という方にも、「バス旅行にひとさじスパイスを加えたい!」

という方にも、オススメなのが、バスガイド。

プロのトークや存在の華やかさで、ぐっとバス旅行が引き締まります。

観光地の解説だけではなくグルメ情報やおみやげのことに関しても教えてもらえますし、最近では、従来のバスガイドさんの他にも、キャビンアテンダントやモデルの人がガイドをしてくれる派遣会社や、お笑い芸人がおもしろおかしく旅のお供をするなど、様々な楽しみ方ができるようになっています。

バスガイドさん次第で、旅行が一層個性あふれるものになることうけあいです!
バスガイドを紹介してほしい場合は、「東京バスガイドセンター」も参考にしてみましょう。

貸切り観光バスを簡単入力で無料一括見積り!
見積り・手配はこちら
見積・手配はこちら
ページTOP